Cakewalk by BandLab で音が出ない

作曲アプリなのに音が出ない!

先日、「面白そうだから」と軽い気持ちでDAWをダウンロードしてみたんです。
適当にインストールして使ってみると…あれ? 音が出ないぞ? となったので、その解決方法を書いておきます。

動画

このページに書いてあることを動画にまとめてみました!
チャンネル登録してくれると喜びます!

Cakewalkのインストール&音を出す方法!!【ZOI】

使い方

ダウンロード

まずはダウンロードしないと始まりません。
DAWソフトにもいくつかあるので迷いますが、
このページで紹介する「Cakewalk by BandLab」は、元々有料ソフトだったのが無料で公開されたもののようなので、使いやすく、機能も充実しています。
ただ、macやlinuxには対応していません。windows専用です。残念…
(macにはGaragebandがあるので、それを使うとよいです。)
下のリンクからダウンロードしてください。
「Cakewalk by BandLab」 ダウンロードサイト

インストール

「bandlab-assistant-windows-latest.exe」というものがダウンロードされたと思います。(バージョンによって変わるかもしれません。)
実行してみましょう。
緑のゲージが出た後、縦長の画面が開いたはずです。
目立つように「Log In」というボタンがあると思うのですが、まだアカウントを持っていません。
一番下に、小さく「Sign Up」というリンクがあるので、そこからアカウントを作りましょう!

ログインできたら、右上の「Apps」を開き、Cakewalkのインストールボタンを押しましょう。
チェックボックスが出てきたと思うのですが、必要なものにチェックを入れます。
たくさんチェックをつけると、ダウンロードが少し長くなります。
チェックを入れたら、「Install」ボタンを押してインストールしましょう!

起動

インストールできたら、Cakewalkの欄の「Open」を押すと起動します。
とりあえずプロジェクトを一個作ってみてください。
ここから先は動画を見てもらった方が早いのですが、まず 編集→環境設定 を開きます。
デバイスの選択 の中に自分の使いたいスピーカー・マイクがあればいいのですが、オーディオインターフェースなどを使っていないと表示されないことが多いです。
そんな時は、オプション→ドライバモード の欄で、今使われていない物を選んでみてください。
いろいろありますが、特徴をまとめました。(一個人の意見です。)

ドライバモード特徴
WDM/KSWindows標準、低レイテンシー。
ある手順をパスして、早く信号を伝えられる。
裏技的な手法らしい。
WASAPI 排他比較的新しいオーディオAPI。
一つのアプリの音のみを出力する。
WASAPI 共有比較的新しいオーディオAPI。
いくつかのアプリの音を同時に再生できる。
音質が少し落ちる。
ASIO業界標準。低レイテンシー。高音質。最強。
しかし、対応していない機器が多い。
MME(32-Bit)歴史がある。これといって使う理由はない。

「Apply」を押し、スピーカーやマイクが表示されるようになったか確認してください。
あとは、「デバイスの設定」からスピーカー・マイクを設定するだけです。

終わりに

音を出すための規格が色々あることは知りませんでした。
作曲ソフトで音が出ないのは困るので、参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました